フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

フロアコーティングの
価格・仕上がり・保証まとめ!

「いつまでも美しいマイホームを維持したい」という人に絶対おすすめしたい、フロアコーティングの情報をまとめました。新築戸建やマンションの購入時に、ハウスメーカーから勧められることも多いフロアコーティングですが、安易に飛びつくと失敗することも。フロアコーティングにはいくつもの種類があり、その特性や値段は様々。フローリングのコーティングは、想像以上に難しい作業のため、施工に伴うトラブルも発生しています。そのため、業者選びのポイントや、施工に関する情報をしっかり学んでおきましょう。

あなたの家にピッタリのフロアコーティングはこれ!

フロアコーティングの定価相場を比較

まずは、フロアコーティングの定価相場から紹介していきます。 およそどれくらいの費用が掛かるのか、知っておくことで業者を決める際に損することはありません。 ただし、コーティングの種類によって価格帯が変わってきますので注意してください!

  約20畳
(リビング+キッチン)
約45畳
(3LDK)
約80畳
(1戸建て)
UVコーティング 約148,000円~
約165,000円
約270,000円~
約300,000円
約307,000円~
約540,000円
ガラスコーティング 約115,000円~
約165,000円
約210,000円~
約300,000円
約330,000円~
約470,000円
シリコンコーティング 約99,000円 約180,000円 約320,000円
ウレタンコーティング 約66,000円 約150,000円 約220,000円
水性ウレタンコーティング 約50,000円 約90,000円 約160,000円
水性アクリルコーティング 約33,000円 約60,000円 約108,000円

リーズナブルにフロアコーティングをしたい人

業者を選ぶ際に、気になるのが価格ですよね。ということで、各社に見積もりを依頼して、価格が安かった業者を紹介します。安いと質が心配という人もいると思いますが、競争が激しいフロアコーティングの業界では、低価格でもしっかり仕事をしてくれる業者が多いのです。高品質でリーズナブルな業者を選ぶために、価格はもちろん、取り扱っているコーティングの種類と性能、保証期間もしっかり確認してください。
※価格はリビング+キッチンを合わせて、約20畳で算出しています。

グッドライフ

グッドライフのサイト画像

ガラスコーティング
(グッドライフコート竹)

価格:108,000円

保証期間:20年

業界最大手でフロアコーティングの施工実績も随一。耐摩耗性、耐久性に優れたガラスコーティングを、業界最安値基準で提供しています。体感型のショールームがあり、目で見て触って確認することができます。

S-Style

S-Styleのサイト画像

ガラスコーティング
(プレミアムコート)

価格:116,000円

保証期間:20年

住いやオフィスを中心としてコーティングの実績がある業者です。料金体系が分かりやすく、丁寧な施工が特徴。利用者からの評判も上々なようです。

ジェブ

ジェブのサイト画像

ガラスコーティング
(EPCOAT)

価格:214,500円

保証期間:10年or30年

ガラスコートのEPCOATのみを扱っています。年1回、無料アフターサービスを提供。また、安全性にも気を配っているようです。

高級感あふれるフロアコーティングをしたい人

フロアコーティングといえば、仕上がりの美しさが大きな魅力。せっかくなら、艶と光沢感を重視したい…という人には、もっとも艶感がでるUVコーティングがおすすめです。UVコーティングは、ピアノの鏡面や車のボディなどに使われる技術を応用した種類。仕上がりの美しさはもちろん、耐久性や持続性にも大変優れています。もちろん掃除が楽で傷がつきにくい、滑りにくいなどの性能も。

グッドライフ

グッドライフのサイト画像

UVフロアコーティング
(グッドライフコート光)

価格:119,700円

保証期間:30年

高級感がうりのUVコーティングにおいて、圧倒的な保証期間を設定できるのは、業界最大手ならでは。自然なツヤと光沢のバランスが良いと評判です。

エコプロコート

エコプロコートのサイト画像

UVコーティング
(エコプロコートUV)

価格:145,000円

保証期間:20年

UVコーティングを主力にしている実績豊富な業者。上品な光沢が特徴で、ピアノや車のボディ、高級家具にも使用されています。

FSSコート

FSSコートのサイト画像

ガラスコーティング
(プレミアムコート)

価格:116,000円

保証期間:20年

硬度の高いガラスコーティングで評判の業者です。施工の早さはもちろんのこと、丁寧な対応も評判。価格もお値打ちとなっています

長期保証があるフロアコーティングをしたい人

フロアコーティングは、業者や種類によって保証年数に違いがあります。例えば、シリコンコーティングの場合、20年保証というところもあれば10年保証の業者もいます。これは、施工会社によって液剤や機材が異なるためです。フロアコーティングは決して安い買い物ではないので、明確な保証内容を提示する業者に頼むべき。保証期間内だと無償で修繕をお願いできるため、保証年数は長ければ長いほど安心といえるでしょう。

FSSコート

FSSコートのサイト画像

ガラスコーティング
(無機質ガラスコーティング)

価格:156,000円

保証期間:30年

一般的に20年程度といわれるガラスコーティングで、30年保証を提供しています。床だけではなく、クロスやカウンターなど、家中のコーティングが可能な業者です。

グッドライフ

グッドライフのサイト画像

クリスタルコーティング
(プレミアムコート)

価格:155,400円

保証期間:35年

独自のコーティング技術を用いたクリスタルコーティングで、業界最長期間ともいえる35年の保証期間を実現。フローリングをずっとキレイに保ちたい、という人から選ばれています。

ジェブ

ジェブのサイト画像

ガラスコーティング
(EPCOAT)

価格:214,500円

保証期間:10年or30年

ガラスコーティングのEPCOATで、10年もしくは30年保証を選択することができます。ジェブは、自社ショールームで実物を見ることも可能です。

地域科目

エリアから探す

住む地域によって変わるのが、フロアコーティング業者。でも地元にはどんな業者がいるのか分からないのが正直なところですよね。各エリア、最長保証年数順で業者をピックアップしました。北は札幌、南は那覇まで、主要47都市の業者を紹介しております。

北海道

東北

関東

北陸

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

必修科目

初心者向けフロアコーティング講座

フロアコーティングが初めての人のために、業者選びの前に覚えておきたい基礎知識を伝授。コーティングのメリットや種類、価格相場、施工に適したタイミング、業者選びのポイント、トラブル回避の方法を解説しています。

コーティングのメリット

フロアコーティングはどんな住居にも対応ができ、生活によって生じる傷や飲みこぼしから大切な床を守ります。汚れを吸収しないため衛生的で、小さいお子さん・お年寄り・ペットにも安心。長期的に見ればワックスよりもトータルコストはお得になり、光を反射してくれるので部屋全体も明るく見せてくれますよ。

コーティングの種類

フロアコーティングには「ガラス」「UV」「シリコン」「ウレタン」の4種類があります。それぞれ劣化・キズ防止、UVカット、耐摩擦性といった特性や効果が異なるため、あなたのライフプランに合うものを選択しましょう。耐久年数も種類によって大きく変わるので要チェックです。

価格相場

フロアコーティングは塗料の種類や施工法が多く、業者も明確な価格を提示しにくいですが、施工の種類ごとにざっくりとした相場があります。70平方メートルあたり、UVコーティングなら20~35万円、シリコン・ウレタンコーティングなら15~22万円。それぞれの施工の種類と提示される金額が見合う業者を選ぶのが大切です。

施工に適したタイミング

主に、家具がない状態の新築入居前やリフォーム直後が適したタイミング。施工方法によっては乾燥に日数がかかり、家具の移動が必要になります。業者によっては入居中の施工を対応しないところもあり、新築時に比べて業者選びが難しくなりますので、最適なタイミングでいえば、新築時がベストです。

業者選びのポイント

フロアコーティングの需要が増え、なかにはハウスクリーニングの業者が副業としてコーティング施工を行っているケースもあります。優良業者を見極めるため「専門業者であるか」「施工実績がどのくらいか」「コーティングの種類は豊富にあるか」「アフターフォローが万全か」に注目しましょう。

トラブル回避の方法

施工中・施工後に「建具の破損」「異物混入」「密着不良」「ひび割れ」などのトラブルが生じるケースがあります。その多くが副業感覚な業者、経験・実績不足な業者によるもの。トラブルが生じても補償にとりあわない業者もありますので、信頼できる業者に依頼するのが何よりのトラブル回避法です。

フローリングの掃除方法

フロアコーティングをした床は、今までの床と同じような掃除方法を行なってはいけません。ポイントは3つ。「床が濡れたら速やかにふき取る」「完全に硬化するまでは床に薬品等を垂らさない」「塩素系の薬品による消毒は避ける」。これら3点を守ることで、フロアコーティングは何年も、何十年も長持ちします。

ペットのためのフロアコーティングとは?

ペットを飼っているご家庭には、フロアコーティングをおすすめします。フロアコーティングを施した床は滑りにくくなるため、ペットの思わぬケガを防いでくれるでしょう。爪による傷も付きにくくなります。床の上に粗相をしても、今までより手入れがずっと楽です。コーティングに使用している素材は安全性が高いので、床を舐めても害はありません。

赤ちゃんのためのフロアコーティングとは?

赤ちゃんのいるご家庭でも、ぜひフロアコーティングを検討してみてください。理由は、ペットの場合とほぼ同じ。第一に、滑りにくくなるので、転倒防止に役立ちます。第二に、ワックスとは違って素材に害はないので、万が一赤ちゃんが床を舐めてしまっても、健康被害は一切ありません。

フローリングの黒ずみを落とすコツ

人の皮脂や料理に使う油などの影響で、フローリングが黒ずんでしまう場合があります。これらの黒ずみは、食器用洗剤を使って落とす方法が有効。水拭きの要領で布巾を濡らし、少しだけ食器用洗剤を加えて拭いて見てください。コーナーなどの細かい部分は、歯ブラシを使うと便利。

フローリングの掃除方法

フローリングをしっかりと掃除するには、3段階のコツがあります。最初に、フローリングワイパーなどで床の上のホコリを取ってください。次に掃除機で細かいところのホコリを吸いましょう。最後に、固く絞った雑巾で水拭きします。最初から掃除機を使うとホコリが舞ってしまうので、第2段階目に掃除機を登場させるようにしてください。

無垢のフローリングとは?

見た目が美しい無垢材。無垢材には、見た目だけではなく、断熱性と調湿機能が高いというメリットもあります。無垢材を使用した家ならば、夏は涼しく冬は暖かく、一年中快適に過ごすことができるでしょう。一方で、シミや傷が付きやすかったり、滑りやすかったりするデメリットも。デメリットを埋めるためにも、フロアコーティングがお勧めです。

新築住宅やマンションにフロアコーティングを勧める理由

フロアコーティングが最もお勧めのタイミングは、新築時です。新築時の新しい床にフロアコーティングを行なえば、半永久的に新築の美しさを保つことが可能。またコーティングした床は滑りにくくなるため、大人はもとより、子供やペットの安全対策にも有効です。良好な状態を維持していくためにも、適切なメンテナンスを行なっていきましょう。

DIYでフロアコーティングをしてみよう!

フロアコーティングは専門業者に依頼するもの、という印象がありますが、実はDIYでも可能です。簡単に言えば、①掃除して、②水拭きして、③コーティングする、の3段階のみ。ただし、この3段階が非常に難しいことも事実。失敗してしまうと再度費用がかかってしまうことにもなるので、最初から業者の職人さんに頼んだほうが無難かも知れません。

賃貸物件にフロアコーティングをやっても大丈夫?

賃貸物件にお住まいの方でも、フロアコーティングに興味のある方はいらっしゃるでしょう。賃貸物件にフロアコーティングをやってはダメ、という訳ではありませんが、後々のトラブルなどを避けるためにも、大家さんの許可をもらっておくことが大事。大家さんの許可がない場合には、業者が施工を受け付けてくれない可能性もあるので注意しましょう。

研究科目

フロアコーティング業者のサンプルを検証

フロアコーティングで豊富な実績を持つ施工業者から、無料サンプルを取り寄せて徹底検証。請求した資料の内容、検証作業(マジックを除光液で拭き取る、10円玉で擦る、スチールウールで擦る)などを画像付きで紹介します。検証結果がさらによく分かるように、動画も撮影してみました。ぜひ参考にしてください。

グッドライフ

施工実績15万件以上。ガラスコートよりも高い強度をもつ独自のクリスタルコーティングをはじめ、5種類のコーティングを 提供。業界最長の35年保証と、ISO9001取得の安心感も◎。業界きっての実績を誇っています。

  • 検証
  • 特徴

エコプロコート

UVフロアコーティングが主力。一般住居のみならず、幼稚園や学校、公共施設など幅広い施工実績を持っています。フローリングに最適なコーティング剤を調合してくれるという、独自の施工法にも定評があります。

  • 検証
  • 特徴

ミシナコーポレーション

セラミックとガラスを混ぜた独自の施工法、ダイアフロアコーティングが人気。業界唯一のすり傷テストに合格したといわれるコーティング法で、高い持続性と耐久性が自慢です。安全性も業界トップレベル。

  • 検証
  • 特徴

フロアコートプロ

低価格で高品質と、口コミでも定評のある会社。特に、顧客応対の評判が良く、施工後も万全なアフターフォローが受けられます。フロアコーティングだけでなく、エクステリア、インテリア、ハウスクリーニングを同時に依頼できるのも魅力です。

  • 検証
  • 特徴

M'sテクニカルワークス

仲介・委託業者を使わず自社施工により低価格を実現。入居済みの場合でも対応可能で、古くなった素材、クッションフロア、Pタイル、石材等のコーティングにも対応しています。

  • 検証

ワイズプランニング

フロアコーティングができない素材にも施工できる技術を持ち、全国展開している会社。なかでも、自社開発による超低粘度のUV樹脂塗料を用いたUVコーティングは、仕上がりが良いと評判です。

  • 検証

リタコート

新築のフロアコーティング専用としている会社ですが、中古物件にも対応しています。主力商品は、30年保証付きのガラスコーティング「リタコート30」。最短で翌日入居可能という手軽さが魅力です。

  • 検証
  • 特徴

実習科目

フロアコーティング業者のショールームを視察

インターネットで調べたり、資料請求してサンプルを手に取るのもよいのですが、フロアコーティングは実物に触れてみるのがとても大切。そこで、ショールームを設けている業者を訪問して、コーティングされた床を見学してきました。また、ただ行くだけでは面白くないため、最寄り駅からの街並もチェックしてきましたよ。

Vol.1 森のしずく

Vol.1 森のしずく

最先端のナノコンポジット技術を取り入れたガラスコーティングが評判の森のしずく。新所沢駅より徒歩5分にあるショールームへ足を運び、スタッフの対応やコーティングの品質などを生で見て来たので、その模様をレポートさせていただきます。

Vol.2 ジェブ

Vol.2 ジェブ

30年耐久の無機質ガラスコーティング「EPCOAT」が評判のフロアコーティング業者「ジェブ」のショールーム(横浜)を見学しました!品質やスタッフの対応力などリアルな感想を交えてレポートします。

Vol.3 グッドライフ

Vol.3 グッドライフ

フロアコーティングの実績が15万件以上という、業界でも屈指の業者・グッドライフのショールーム(横浜)を見学してきました。豊富なコーティングラインナップが魅力のショールームを完全レポート!最寄り駅のセンター南の街並もウォッチしてきました。

教養科目

フロアコーティングの種類

フロアコーティングのコーティング剤には、いくつかの種類があります。ここでは、代表的なコーティング剤の種類を挙げ、それぞれの特徴を詳しく解説します。世帯のニーズに合った最適なコーティング剤を選ぶことができるよう、基礎知識をしっかりと身に付けてください。

UVコーティング

特徴

UVコーティングとは、ウレタン樹脂を主成分としたコーティング剤に対し、紫外線を照射することで固めるフロアコーティングのこと。仕上がりの美しさに加え、高い耐久性と滑り防止性能が特徴的です。

保証年数

保証年数は20~30年。既存の各種コーティング剤の中でも、特に長寿を誇ります。塗り直しもできるので、半永久的に美しい床を維持することが可能です。

価格相場

あらゆるコーティング剤の中でも、最も性能が高いとされるUVコーティング。ゆえに価格も最高峰です。30㎡で20万円以上はかかる、と思っておいたほうが良いでしょう。

>>UVコーティングについて詳しく見る

シリコンコーティング

特徴

シリコン樹脂を使ったコーティングが、シリコンコーティング。他の塗料に比べるとツヤが少なく、輝き過ぎによる違和感がありません。床材の自然な風合いを活かしたい、という方に適している方法です。

保証年数

保証年数は10~20年。ただしUVコーティングとは異なり、シリコンコーティングは塗り直しができません。いずれメンテナンスの必要が出てくることが必至です。

価格相場

シリコンコーティングの価格相場は、目安として30㎡で15万円前後。性能の高さに鑑みれば、コスパの良いコーティング剤と言えるでしょう。

>>シリコンコーティングについて詳しく見る

ガラスコーティング

特徴

ガラスコーティングの大きな特徴は、耐久性が高いということ。傷が付きにくく、かつ長持ちするため、フローリングだけではなく車のコーティングにも広く利用されています。輝きは控えめ。光沢を自然に抑えたい方に向いているでしょう。

保証年数

ガラスコーティングの保証年数は20年前後と長期。酸素を通過させない仕組みなので、床の酸化による劣化を防ぐことができます。

価格相場

ガラスコーティングの価格相場は、30㎡あたりで20万円前後。品質の高さと保証年数を考えれば、コストパフォーマンスの良い塗料と言えます。

>>ガラスコーティングについて詳しく見る

ウレタンコーティング

特徴

ウレタンコーティングは、各種のフロアコーティング剤の中でも、特に歴史の古い塗料。他のコーティング剤よりも耐久性や光沢は劣りますが、価格がリーズナブルなこともあり、今もって広く人気の塗料です。

保証年数

保証年数は5~10年ほど。基本的には5年の期間なのですが、昨今では10年の耐久性を持つ種類のものも誕生しています。

価格相場

ウレタンコーティングの価格相場は、30㎡でおよそ7~10万円。フロアコーティングには興味があるものの、なるべくコストを低く抑えたいという方は、ぜひ検討してみましょう。

>>ウレタンコーティングについて詳しく見る

アクリルコーティング

特徴

アクリルコーティングとは、水溶性のアクリル樹脂を使ったコーティング剤のこと。耐久性や耐水性の面では他のコーティング剤に劣るものの、塗り直しができる点、価格が安い点などの理由で人気の塗料です。

保証年数

アクリルコーティングの保証年数は、2年程度と考えておきましょう。床にツヤは出るのですが、床を保護する性能が低いので、保証年数も短めとなります。

価格相場

アクリルコーティングの価格相場は、30㎡あたりで3万円前後と、かなりリーズナブル。耐用年数は短いながらも、この価格であればコスパは高いと考えるべきでしょう。

>>アクリルコーティングについて詳しく見る

ダイアコーティング

特徴

ダイアコーティングは、ガラスコーティングをベースに、セラミックなどを配合した新塗料。通常のガラスコーティングに比べると、耐久性・伸縮性・密着性がアップ。新築物件にはぜひお勧めのコーティング剤です。

保証年数

保証年数は25~30年。UVコーティングの保証年数をも超えました。一生のうちに何度とメンテナンスをする必要はありません。

価格相場

30㎡の価格相場は、25年保証の場合は15万円ほど、35年補償の場合は25万円ほどです。ダイアコーティングの価格は、業者によって幅があるのが特徴。複数社から見積もりを取ったほうが良いでしょう。

>>ダイアコーティングについて詳しく見る

選択科目

床のコーティング 業者一覧

いざフロアコーティングをしようと思っても、数ある業者のなかから見積もりを取り比較をする時間がない…。そんな人のために、各業者の口コミやサンプルの取り寄せ結果などからおすすめのフロアコーティング業者を12社ピックアップしました。業者の特徴や施工のこだわり、利用者の口コミも掲載しているので、比較にぜひ活用してください。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.