フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

フロアコーティングの基礎知識をチェック

初心者でも楽々理解!
まずはフロアコーティングを知ろう

最近流行りのフロアコーティング。「床をきれいに保てるし、掃除も楽と聞くけれど、そもそもどんなモノなの?」という方のために、フロアコーティングのイロハをお教えします。フロアコーティングをした方の多くは「やってよかった!」と満足していますが、なかには、「なんとなく、良さそうだから」とか「ハウスメーカーに勧められたから」と、安易に業者や施工を決めて不具合やトラブルが発生するケースも後を絶ちません。そのような失敗を回避するためにも、フロアコーティングの施工の特徴や価格相場、業者選びのポイント、施工の流れなどを、施主のあなたが理解しておきましょう。

レッスン1

コーティングが必要な理由

そもそも、「フロアコーティングはした方がいいの?やる必要性はあるの?」という疑問もあると思いますが、結論から言うと答えは“YES”です。フロアコーティングは、床材の上に専用のコーティング剤を塗布して床を保護する目的で行われるもの。施工することで生活によって生じる傷や摩擦、飲みこぼし・食べぼしなどから大切な床を守ることができます。コーティング剤によっては何十年もきれいな床を維持できる特性を持つものや、床がピカピカになり部屋全体を明るく見せてくれるものもあり、その性能はさまざまですが、何にしても掃除が楽、滑りにくい、きれいな状態が長持ちするというのが大きなメリットです。ここでは、コーティングのメリット共に、コーティングの種類も紹介しているのでライフプランや仕上がりの希望に適しているものを見つけてくださいね。

コーティングが必要な理由はこちら >

レッスン2

価格相場を知る

皆さんが気になる価格相場を紹介します。フロアコーティングは、塗料の種類や施工法がたくさんあるので価格がまちまち。間取りや施工に伴う家具の移動などの手間によっても価格が変わるため、業者も明確な価格を提示しにくく、業者のホームページを見ても料金がはっきり書かれていないケースも少なくありません。実際にかかる費用は見積もりを依頼しない限り分からないのです。とはいえ、施工の種類によりざっくりとした相場があります。ここでは、参考までにUVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティングの価格相場を取り上げました。施工の種類と業者が提示する金額が見合う業者を選びましょう。また、価格ばかりにこだわらず、業者の実績をふまえて色んな角度から判断することも成功の秘訣です。

価格相場を知るはこちら >

レッスン3

コーティングする最適なタイミング

フロアコーティングは何度も行うものではありません。また、施工によっては乾くまでに日数がかかったり、入居中であれば家具の移動も発生したりします。そうしたことから、新築時やリフォーム直後の入居前がベスト。実際、戸建を新築する際や、マンションを購入してオプション設備等を決める際には、ハウスメーカー側からフロアコーティングを勧められる方も多いようです。ただし、ハウスメーカーが勧める業者を選ぶと中間手数料が発生しますし、自分で直接フロアコーティング業者に依頼するよりも高額になります。また、紹介される業者がコーティング専門でない場合は仕上がりに不満が残ることも。失敗しない為にも業者選びは自分たちで行う方が賢明です。

コーティングする最適なタイミングはこちら >

レッスン4

業者の選び方

フロアコーティングの明暗は業者選びにかかっていると言っても大げさではありません。近年、フロアコーティングの需要は増え続けていて施工業者も増加傾向にあります。しかし、なかにはハウスクリーニング業者が副業感覚でコーティング施工を請け負っているなど専業ではない業者もあり、トラブルや苦情のもととなっています。皆さんは業者を選ぶ際、まずインターネットを使って検索をすると思いますが、業者のサイトを見た時にあるポイントをチェックすれば優良業者かどうかを見極めることができます。そのポイントは何なのか…?ここで詳しく解説するので頭にしっかり入れてくださいね。業者選びは、絶対に妥協をしてはいけません。「ここだ!」と納得できる業者に依頼しましょう。

業者の選び方はこちら >

レッスン5

施工の流れをチェック

実際に施工を決めたらどんな流れになるのかを解説します。資料請求をした時の対応や届いた資料の内容から読み取れること、サンプルを取り寄せたりショールームに足を運んだりして実物に触れる、契約前に必ず確認しておきたいことなどを細かくまとめました。フロアコーティングに限らず、リフォーム等に言えることでもありますが、業者というのは、施工に関して知識を持っている施主に弱いものです。例え無知であっても真摯に対応するのが本来の姿ですが、相手も人間です。「こちらはしっかり勉強していますよ」という姿勢を見せれば業者もより真剣に対応してくれるはずです。業者任せにはせず、自分である程度の流れは把握しておくという心づもりが大切です。

施工の流れをチェックはこちら >

レッスン6

トラブルに合わないために

経験や実績不足の業者に依頼してしまったがために、施工後に不具合が生じるケースが後を絶ちません。そのトラブルの内容は、異物の混入、密着不良、硬化不良、塗りムラなどさまざま。塗り直して終わるような簡単な修復で済む不具合なら目をつぶれますが、なかには修復が困難な場合もあり、泣き寝入りするしかないパターンもあります。さらに厄介なのは施工から数年後に不具合が生じるケースです。この場合、なにかと理由をつけて補償にとりあってもらえない業者もあるため、保証対象と内容はしっかりと確認しておくことが重要です。そのほか、優良業者ならあり得ないことですが、スタッフの教育不足により建具や家具の破損、異臭騒ぎなどの苦情やトラブルを起こす業者があることも知っておきましょう。

トラブルに合わないためにはこちら >

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.