フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

レッスン1

コーティングが必要な理由

フローリングをコーティングすることで床を保護し、床を長期間きれいに保てるフロアコーティング。新築住居のみならず居住済みの住居にも施工が可能です。なぜ、フロアコーティングが必要なのか?施工の効果やメリットについてまとめました。

フロアコーティングの必要性やメリット

フロアコーティングは戸建・マンションどんな住居にも対応可能です。フローリングを行う目的は人それぞれですが、次のような方にはおすすめです。

  • ● 新築の住居に入居予定
  • ● 「面倒なワックスがけから解放されたい」など、掃除をもっと楽にしたい
  • ● 床に光を反射させて、部屋の雰囲気を明るくしたい
  • ● 同居している子どもや高齢者が滑らず安全に過ごせるようにしたい
  • ● ペットのひっかき傷を防ぎたい
  • ● フローリングの日焼けや変色を防ぎたい
  • ● 飲みこぼし、食べこぼしの跡が残らないようにしたい

フロアコーティングは、業者によって取り扱うコーティング剤や施工方法が異なるので、目的を明確に伝えることが大切です。そのためにも、フロアコーティングの特徴や効果、メリットは事前に把握しておきたいところ。床を保護すると、次のようなメリットが得られます。

フロアコーティングのメリット

1
きれいな状態が長持ち

なんと言っても一番のメリットは床をきれいに保てること。床材の表面をコーティング剤で保護することで、傷や汚れを防ぐだけでなく、風合いを長く維持して経年劣化を抑える効果も期待できます。例え、表面が傷つくことがあって、厚い塗膜で覆われているので床材に到達する傷も防ぐことができます。

フローリングの床はワックス掛けでお手入れするのが主流でしたが、今は、ワックスに硬度がないことや、半年程度で塗り替えが必要になることからコーティングを選ぶ方が増えています。床の傷みがひどくなると、フローリングそのものを張り替えなければなりません。フロアコーティングは1回の施工金額としてはワックスよりも高額ですが、10年、20年と長期的に見るとワックスよりも遥かにトータルコストはお得なのです。

2
掃除の手間が減る

汚れが直接床材につかないため、食べこぼし、飲みこぼし、ペットの粗相、油などの落ちにくい汚れが付着しても簡単に落とせるというメリットも。汚れが床材に付着しないので、水拭きだけでも簡単に汚れが落とせます。また、お湯や薬品を使ってもコーティングが剥がれることはないので日常のお手入れもはるかに楽になります。

普通の床は一日掃除をしなかっただけでもホコリが目につき、三日でほこりが舞うなんてこともありがちですが、コーティングした床は静電気効果でほこりが目立ちにくくなります。「ペットの毛が舞って困る」という方にもおすすめですね。

3
小さいお子さんやお年寄り、ペットも安心

コーティングを施した床は汚れを吸収しないので衛生的。ピカピカな床は一見滑りそうなイメージですが、床コーティングには転倒を防止する効果もあります。ペットにとって滑りやすい床は足腰に負担がかかりますし、小さなお子さんやお年寄りは怪我の元になります。特に犬を飼っている方は分かると思いますが、犬は足腰が弱い動物なので滑りやすい床では、関節に過度な圧力がかかって歩きづらく、犬種によっては足腰を痛めてしまうケースもあります。こうしたトラブル防止にもフロアコーティングは役立ちます。それに、コーティング剤は厳しい安全基準を満たした薬剤を使うため、赤ちゃんやペットが舐めても心配いりません。

ペットのひっかき傷や粗相、小さいお子さんの飲みこぼしなども水拭きでサッと落とせるのでお母さんにとってもありがたいですね。

4
部屋が明るく見える

フロアコーティングをすると光が反射するので床を美しくきれいに見える効果があります。居住済の住居にもおすすめですが、新築時にはぜひフロアコーティングをおすすめしたいところ。コーティングの種類にもよりますが、床の寿命を最大で数十年も延ばすことが可能です。

いかがですか?フロアコーティングがいかに優れたものかお分かりいただけたかと思います。フロアコーティングは薬剤によって特徴や耐久年数に違いがありますが、傷や汚れから床を守り、長期間きれいに保てることは確か。コストを考えてもかなり費用対効果が高い施工だと言えるのです。

フロアコーティングの種類別に特性とメリットを比較!

フロアコーティングの種類によって特性や効果、メリットは異なるので覚えておきましょう。保護剤の硬度を表すために使われる「H」という単位は耐久年数に関係しているので、比較対象に加えました。コーティング剤選びの参考にしてくださいね。

ガラスコーティング
耐久年数20年以上 硬度9H

強靭なガラス塗膜を使った無機質コーティング。クッションフロアにも施工可能。耐薬品性に優れていて酸化による劣化も防ぎます。ツヤが控えめだからピカピカ過ぎるのが苦手な方におすすめ。UVカット効果もあります。

UVフロアコーティング
耐久年数20年以上 硬度7H

紫外線を照射して瞬時に硬化する施工法。養生期間や乾燥時間が発生しないのでタイトなスケジュールでも対応できます。耐久性、耐摩擦性、耐薬品性に優れています。

シリコンフロアコーティング
耐久年数10~20年 硬度3H

住居用コーティングのなかで最もバランスが良いと言われています。シリコン樹脂によって塗膜を作り、傷や日焼けからフローリングを保護。ヒビ割れに強く、トータルバランスに優れているため幅広い種類の床材に適応します。滑り防止効果も高く、小さなお子さんやペットがいるご家庭におすすめ。

ウレタンフロアコーティング
耐久年数3~10年 硬度3H

20年以上前からある施工法で低価格で施工できるのが特徴です。水性と油性があり、温もりを感じさせるツヤと厚みのある仕上がり。耐摩擦性に優れています。

ワックスフリーのフローリングでも必要?

近年はワックスがけを必要としないワックスフリーの床も増えてきました。こうしたワックスフリーでは表面加工がされているため、フロアコーティングも要らないと考えている方も多いはず。では実際のところはどうなのかご紹介します。

そもそもワックスフリーとは?

ワックスフリーとは、その名の通り、ワックスを使う必要がない床の仕様を指します。床にワックスのようなコーティングがなされているため、わざわざワックスをかけなおす必要がないのです。

このワックスフリーの床であれば、フロアコーティングは必要ないと考える人も多いのですが、そうではありません。なぜならワックスフリーは硬度が弱いとされており、耐用年数も低いためです。

ワックスフリーは数年で劣化してしまうのに対し、フロアコーティングでは30年ほど持つとされていますから、その違いは明らかでしょう。このため長年住むことを考えると、ワックスフリーの床でもフロアコーティングをすることが望ましいです。

フローリングワックスとフロアコーティングの違い

フローリングワックスとフロアコーティングを混同している方も多いのですが、この二つは全く異なるものです。最も大きな違いとしては、効果の持続期間があります。フロアコーティングは長期間効果が持続しますが、フローリングワックスは定期的な塗り替えが必要です。また、ワックスフリーの床に対しても施工できる、できないの違いがあります。

●フローリングワックスの場合

ワックスフリーの床には汚れや傷がつかないように表面が処理されています。この床にワックスをかけてしまうとその効果が消えるだけでなく、滑りやすくなり大変危険です。そのため、ワックスフリーの床へのワックスがけは避けるようにしましょう。

●フロアコーティングの場合

ワックスフリーの床にワックスを塗ることはNGとされていますが、フロアコーティングの施工は可能です。ワックス剥離の心配もなく、長期間床を保護できるため、ワックスフリーの床でも綺麗な状態を維持できます。

フロアコーティングは必要

ワックスフリーやノンワックスの表記を見ると、「フロアコーティングと効果が同じなら、コーティングする必要はないのでは?」と考えてしまうかもしれません。しかしながら、効果が持続しないという点やほかのワックスを上塗りできない点を考慮すると、フロアコーティングとワックスフリーは別物ということがわかるでしょう。

フロアコーティングを施工することで、ワックスフリーのみの場合よりもはるかに長く、床を綺麗な状態に保つことができます。ワックスフリーだから不要ということはなく、ワックスフリーの床でもフロアコーティングは必要なのです。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.