フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

フロアコーティングの種類と価格

業者選びはコーティングの種類と価格相場を把握してから

フロアコーティングと言っても、その種類はさまざま。使用する塗料によって床を保護する性能の高さや光沢の度合い、お手入れ方法などが異なるため、価格ももちろん差があります。同じコーティングの種類でも業者によって保証年数や価格はまちまちなので、まずは種類別にコーティングの特徴や価格の相場を把握した上で、業者選びを行うのが鉄則です。あまりにも、相場とかけ離れた金額を提示してくる業者は避けた方が良いでしょう。施工後のトラブルを防ぐためにも施工内容の知識をしっかり身につけてください。

種類1

UVコーティング

UVコーティング

フロアコーティングのなかでは最高峰の品質と言われる施工法。耐久性、耐摩擦性、耐熱性に強く、耐久年数は20年以上と長期に渡って床を保護してくれます。施工は、ウレタン樹脂に紫外線を照射して瞬間的に効果するため、乾燥を待たずに即入居できるのも魅力です。車や高級家具の表面保護にも活用されていて、表面の光沢が強く高級感あふれる高級感あふれる仕上がりになります。最先端の技術を用いた施工法なので、価格が高いのがネックではありますが、ひと昔前まで主流だったウレタンコーティングをしのぐ勢いで人気が高まっています。UVフロアコーティングの価格相場や、お手入れの特徴、どんな人が向いているのかをまとめたので是非、チェックしてくださいね。

UVコーティングはこちら >

種類2

シリコンコーティング

シリコンコーティング

シリコンコーティングは、アクリル樹脂にシリコン樹脂を混ぜたコーティング剤。UVコーティングほどの耐久性はありませんが、もともと、店舗や事務所のPタイルの保護用として広く用いられてきた施工法で、トータル性能に優れています。特に、耐アンモニア性、撥水性に優れているのでキッチンや洗面所等の水廻りのコーティングには適しています。基本的な性能は高いのですが、耐久年数はあまり長くはないので7、8年くらいしか住まないけどフロアを保護したい方など、居住年数が短い方向けのコーティングです。シリコンコーティングは、床暖房に対応するタイプ、UVカットタイプなど種類がたくさんあるので各業者からサンプルを取り寄せて比較してみると良いかもしれませんね。

シリコンコーティングはこちら >

種類3

ガラスコーティング

ガラスコーティング

床の風合いをそのままに、美しく保護したい方にお勧めなのがガラスコーティング。最先端のナノコンポジット技術により強固なガラス塗膜を塗布する施工法です。無機質の液体ガラスが原料なので、ペットや赤ちゃんが舐めても害はありません。塗膜の硬度は9Hと非常に高く、傷に強いのが最大の特長。日常生活で生じやすい、椅子の移動による傷、ペットの爪や歯による傷もつきにくくなります。アルコールやアンモニアにも強いのでペットを飼っているご家庭でも安心ですね。仕上がりは、ツヤありorツヤなしを選択可能。マットな光沢感を希望する方にも選ばれています。硬化に2日程度かかると言われていますが、翌日入居できる施工法を採用する業者もあるので確認してみましょう。

ガラスコーティングはこちら >

種類4

ウレタンコーティング

ウレタンコーティング

20年以上前からある施工法で、フロアコーティングの中では最もポピュラーな塗料です。ウレタンコーティングには、油性と水性があり以前は油性が主流でしたが、今は環境や体に優しい水性塗料を使うのが一般的です。ほかのコーティングに比べると耐久性が2~3年程度と短いので数年くらい保護できればいいという方、フロアコーティングを試してみたい方の初期コートにはおすすめです。ひと口にウレタンコーティングと言っても、床暖房に対応するタイプや匂いの少ないタイプ、艶感もさまざまなのでサンプルを取り寄せて比較してみると良いでしょう。床の保護性能はやや低いとはいえ、コスト的には割安なので予算をかけられない人は検討してみてはいかがでしょうか。

ウレタンコーティングはこちら >

種類5

アクリルコーティング

アクリルコーティング

アクリルコーティングは一般的なワックスの延長のようなもの。1㎡あたり10,000円~と安価で、塗り直しが簡単にできるのでお試しには最適です。ただし、アクリルコーティングは床の保護というよりは、艶出しを目的にされる方に選ばれているため、フローリング耐久性や耐水性はあまり期待できません。耐久年数も2年前後が一般的で、2年ごとに塗り直しが必要になってきます。あくまで、「耐久性は気にしないので艶を出したい」という人に向いていると言えます。しかし、最近は自社開発した硬度の高いアクリルコーティングを提供している業者もあり、耐水性、耐油性、安全性に優れていて耐久年数が長いものもあり、近年アクリルコーティングを選ぶ方も増えています。

アクリルコーティングはこちら >

特集

フロアコートの最新トレンド

フロアコートの最新トレンド

数あるフロアコーティングのなかでも今、注目されている「水性コーティング」について詳しく解説します。水性コーティングは水に樹脂を混ぜた塗料を用いた施工法で環境に優しく、体への害もありません。また、水性コーティングは1㎡あたり1,500円程度と非常にリーズナブル。従来の油性コーティングでは施工できなかった柔らかい床剤にも使えるというメリットもあり、最近は各社でさまざまな水性コーティングが開発されています。ここでは、特におすすめしたい施工法としてグッドライフの「グッドライフコート・ナノ」と、スリーエスコーポレーションの「フロアマニキュア・ナノ」の2製品を取り上げたので、施工法や価格などを参考にしてみてください。

フロアコートの最新トレンドはこちら >

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.