フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

種類5

アクリルコーティング

ワックスの延長上で低価格が魅力のアクリルコーティング。施工の特徴や価格、メリット・デメリットなどを見てみましょう。

アクリルコーティングの特徴・価格・口コミ

アクリルコーティングは水溶性のアクリル樹脂を使ってフローリングをコーティングする施工法。剥離作業や塗り直しが行いやすく作業しやすいため、マニキュア感覚で塗れる手軽さが魅力です。通常、メンテナンスで使うワックスの延長のようなもので短期間だけ効果があれば十分という方や、コストをかけたくない方におすすめです。

アクリルコーティングの特徴をチェック

アクリルコーティングは、耐久性・耐水性で他のコーティングよりも劣ります。耐久年数も2年程度が一般的で、2年ごとに剥離作業と塗り直しの再施工が必要となります。艶だし効果が高く、施工前後の変化を実感しやすいのが魅力ですが、床を保護する効果は低いのでコーティングというよりは艶だし・艶戻りコートとして考えると良いでしょう。施工会社によっては開発を重ねたオリジナルの硬度のアクリルコーティングを施工している会社もあり、耐久性や耐油性に優れ、耐久年数が長期に渡るものもあります。

1
保障年数:2年前後

最近は、性能の高いアクリルコーティングを扱う業者も増えてきましたが、一般的にはワックスの延長なようなもので、耐久年数は2年前後。2年ごとの塗り直しが理想です。施工自体は簡単なので気軽に剥がすことができ、再施工でもきれいに仕上がるとうい利点があります。手軽さと低コストが故にコーティング自体の耐久性は低く、10年、20年という長期の保護は厳しいでしょう。

2
アクリルコーティングに向いている人

耐久性はないものの安価で施工できるため、予算をかけずに艶と光沢を出したい人、少しの間だけ効果があればOKという人におすすめです。耐摩擦性は期待できないため、傷を本格的に防ぐ目的の方には向いていません。

3
材質と施工法

水性溶剤を使ったフロアコーティングでマニキュアと呼ばれることもあります。フローリングの上にかなり薄くい塗膜を形成するだけで終わるため、フローリングの耐久性や耐摩耗性は期待できません。ただし、光沢を再現する効果には優れているので、艶出しの目的で施工を選ぶ方もたくさんいます。安いので気軽に試せますし、剥離作用も簡単なので他のフロアコーティングに変更しやすいというメリットもあります。

4
価格相場

業者により異なりますが、相場は30㎡あたり3万円前後とかなりリーズナブルです。フローリングの光沢を取り戻すために選ぶ方が多いようです。

アクリルコーティングのメリット・デメリット

艶を出す効果に優れている反面、やはり耐久性の低さが目立ちます。アクリルコーティングの場合、摩擦にはある程度耐えられますが、耐水性や耐薬品性が弱いので、水拭きや洗剤を用いた掃除ができません。ペットがいるご家庭は、爪の傷やおしっこのダメージによって劣化してしまう可能性もあります。長期間、住む予定の方は床を保護する目的をもった別のコーティングをおすすめします。

メリット
  • ・価格が安く気軽に試しやすい
  • ・剥離作業が簡単にできるので、後から他のコーティングに変更できる
  • ・光沢・艶出し効果が高い
  • ・2年前後は特別なお手入れが不要
デメリット
  • ・耐久性が低い
  • ・保証年数が短い
  • ・2年ごとに塗り直しが必要で家具の移動が必要
  • ・耐水性・耐薬品性が低いので水や洗剤でのお手入れができない

アクリルコーティングを施工した人の口コミ

実際に、アクリルコーティングの施工をした方の感想を見てみましょう。施工会社のホームページ等から口コミや体験談を抜粋しました。

本当は本格的なフロアコーティングをやりたかったのですが、予算がかけられず悩んでいたところ提案されたのがアクリルコーティングでした。安い分、傷に弱いのは仕方ないですが見た目はピカピカでとてもきれいです。

フロアコーティングを知ったのが新居の入居日が決まった直後だったので、業者選びに時間もかけられず、ひとまずアクリルコーティングをお願いすることにしました。経済的に余裕が出て、信頼できる業者を見つけたら本格的なコーティングをお願いしようと思います。

フロアコーティングは高かったのでアクリルコーティングにしました。が、UVコーティングをした友人宅の床の質感はまるで別物。上品な光沢で、やっぱり違うな~と残念な気持ちになってしまいました。

新居に入居する時にアクリルコーティングをお願いしましたが、子供が落としたオモチャの傷がついてしまいカーペットで隠して過ごしました。2年後、劣化が気になってきたので再施工を依頼したら家具の移動などもあり思った以上にお金がかかることが判明。この出費と労力が2年ごとに来るのはしんどいと思い、思い切ってUVコーティングに変更しました。傷に強いし手入れもますます楽になり大助かり。こんなことなら、初めからUVコーティングをやっておけば良かったかも…。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.