フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

種類3

ガラスコーティング

塗膜の変色や剥離に強く、長期に渡って安定した効果を保てる、床のガラスコーティング。価格の相場や特長、施工した方の感想をまとめました。

ガラスコーティングの特徴・価格・口コミ

ガラスコーティングは、鉛筆硬度8Hという耐久性ばつぐんのフロアコーティング。UVコーティングのような艶や光沢感に比べると控えめですが、上品な空間を演出できるのが魅力です。トータルで優れた性能を持っていますが、最新の技術を用いた施工法でまだ歴史が浅いため取り扱う業者は稀少です。まだ利用者は少ないものの、高く評価されています。

ガラスコーティングが選ばれる理由

ガラスコーティングは傷がつきにくい、汚れにくいという基本性能をおさえつつ、高い硬度を持ったコーティング法です。そのため室内飼いペットの爪のひっかき跡や、車いすのタイヤの痕跡が気になる家庭、家族が多く在宅時間が長い家庭に選ばれています。マットな質感も人気の理由のひとつです。

1
保障年数:20年前後

業者により異なりますが20年前後が一般的です。床材は酸化によって経年変化が進みますが、ガラスコーティングは酸素を透過させないので床の酸化を防げて美しい仕上がりを長期間キープできます。また、ガラスコーティングは水をはじかないため汚れが床材に浸透するのではないかと懸念されがちですが、水よりも小さく空気よりも大きい分子構造なので、汚れの内部浸透をしっかり防いでくれます。

2
ガラスコーティングに向いている人
  • 床を傷つけたくない人

    ガラスコーティングの最大の特徴は耐久性です。ガラスという素材の特質のおかげで優れた強度を発揮し、ペットが走り回った爪痕・車いすのタイヤ痕・ものを落としたりぶつけたりしてつく傷跡も最大限カバーしてくれます。

  • 持ち家に施工して長年使用したい人

    ガラスコーティングは多少お値段が張る施工法ですが、そのぶん保障年数は20年前後とかなり長め。そのため、マイホームを購入してこれから先もずっと住み続けることが確定している人にこそぴったりです。

  • 安全性にこだわりたい人

    ガラスのコップを舌で舐めても健康に全く害がないのと同じように、ガラスコーティングは万が一赤ちゃんやペットが舐めてしまっても何の危険もありません。

  • 水や湿気、日光での劣化から床を守りたい人

    ガラスコーティングは水や湿気をしっかりと遮断してくれるため、キッチンやダイニングでの利用にも向いています。また、日光から受けるダメージも軽減してくれるので、大切なお部屋の床をいつまでもきれいに保ちたい人におすすめです。

3
材質と施工法

最新のナノコンポジット技術を用いたハードコーティング技術を用いています。ナノコンポジットとは、素材を1~100nmに粒子化し、別の素材に練り込んで分散させることで、さまざま物質の特性を飛躍的に向上させる技術。フロアコーティングのみならず、化粧品や家電などあらゆる分野に応用されています。素材としては、無機化合物の液体ガラスを結合したものなので安全。赤ちゃんが舐めてしまっても問題なく、人にもペットにも優しい施工法と言えます。

4
価格相場

最先端の技術を用いた施工法なので相場は30㎡あたり20万円前後とそれなりに高額です。とはいえ、赤ちゃんが舐めても安心という高品質の塗料で、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドも入っていないという点をふまえると妥当な金額だと言えます。

業者で扱っているガラスコーティングの例

業者で行なっているガラスコーティングについて、代表的な5社の商品を比較してみましょう。
※価格はリビング+キッチンを合わせて、約20畳で算出しています。

グッドライフ

価格
108,000円
保証期間
20年

業界最大手のフロアコーティング会社・グッドライフ。同社では、「グッドライフコート『竹』」という商品名でガラスコーティングを提供しています。「グッドライフコート『竹』」の特徴は、ナノコンポジット技術でガラス塗膜を形成するハイクオリティな「ハードガラスコーティング」。

7H以上の高い硬度を維持し、いかなる傷にも強いガラスコーティングを実現しました。高い耐水性、屈曲性も特徴なので、長きにわたって快適なフロア生活を堪能することができるでしょう。

UVカット機能も高く、床の変色、ひび割れ等にも強さを発揮。耐久性は20年以上です。「ガラス」の印象とは逆に光沢はやや抑えめなので、ピカピカが過ぎるフロアにはしたくない方、既存の屋内の仕様とピカピカがマッチしないと感じる方には、特にお勧め。20年保証にして20畳108,000円と、業界最安値の価格を独走中です。

S-Style

価格
116,000円
保証期間
20年

S-Styleでは「プレミアムコート」という商品名でガラスコーティングを提供しています。「プレミアムコート」の大きな特徴は、まず安全性。

塗料の性質は無機質なので、他の物質との反応も起こらず、何より口に入れても害はありません。小さなお子様のいらっしゃる世帯には、特に喜ばれています。光沢を抑えた自然なツヤも特徴。

もともとのフローリングの素材の風合いを活かしつつコーティングを施せる点で、ナチュラル派の世帯に人気です。耐水性、防汚性、紫外線カット効果なども高いため、シミ、変色、ひび割れ等のリスクもほとんどなし。

皮膜は鉛筆硬度9Hを実現しているため、ペットの爪などによるひっかき傷の心配も、まずありません。撥水効果も高いので、お掃除も楽々。カビやバクテリアを寄せ付けないので、梅雨時の湿気で床が変質することもありません。保証期間は20年ですが、条件によっては30年以上の耐久性あり。

ジェブ

価格
214,500円
保証期間
10年or30年

ジェブでは「EPCOAT」という名でガラスコーティングを展開中。他社に比べてお値段はかなり高めですが、その分、クオリティの高さは他社をしのいでいると言って良いでしょう。

最大の特徴は耐傷性。傷が付きにくいとされるUVコーティングでも、約2,000回のブラッシングで塗膜に傷が付くとされていますが、一方で「EPCOAT」なら、20,000回以上のブラッシングでも塗装面に一切変化なし。

安全性も極めて高く、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、トルエンなどの有害物質は一切検出されていません。赤ちゃんが舐めても全く害がないコーティングです。加えて、防滑性の高さも大きな特徴。

高い滑り止め効果を発揮し、子どもや高齢者の安全な生活を守ります。これら「EPCOAT」の性能は、日本塗料工業会や日本食品生活センターなど、第三者機関による試験でも証明済み。

たとえ価格が高くてもクオリティを求めたいという世帯には、おすすめのガラスコーティングと言えるでしょう。

FSSコート

価格
116,000円or156,000円
保証期間
20年or30年

FSSコートでは、ジェブと同様の「EPCOAT」、および「無機質ガラスコーティング」の、2種類のガラスコーティング商品を用意。

「EPCOAT」は、上記で説明した通り、業界で提案しているガラスコーティング商品の中では筆頭級にクオリティの高いもの。

一方「無機質ガラスコーティング」は、一般的なガラスコーティングとして多くの業者が採用しているタイプの商品です。ともに塗膜は無機質なので、安全性に問題はなし。

子どもが床を舐めてしまっても、害のある成分が染み出ることはありません。鉛筆硬度6H以上という傷の付きにくさも特徴。ペットのいる世帯に共通のお悩みである「爪のひっかき傷」も、心配無用です。

ちょうど良い程度の防滑性も特徴で、「滑って転ぶ」を防止するだけでなく、「滑らなくて転ぶ」も防止。小さなお子様や高齢者のいる世帯には、特に安心のコーティングと言えるでしょう。

ガラスコーティングの特徴

ガラスコーティングの主な特徴や、おすすめの施工条件などについてご紹介します。

寒暖差が大きい地域におすすめ

フローリングに使われている床材によって異なるものの、多かれ少なかれ温度の影響で膨張や収縮が発生します。これらの状態が継続することで、フロアコーティングをしていてもはがれてしまう、もしくは劣化してしまうことがあります。

しかし、ガラスコーティングは数あるフロアコーティングの中で、もっとも硬度があるだけでなく耐久性も高いという特徴があります。フローリングの膨張や収縮に強いため、寒暖差の多い地域であってもコーティングのダメージを受けにくいという特徴があります。

季節による気温の変動が大きな地域だけではなく、寒冷地で夜間・早朝と昼間の気温差が大きい地域でおすすめとなります。また、外気温の寒暖の差だけではなく、冬期に暖房を使用することによって引き起こされる寒暖の差にも有効です。また、膨張や伸縮に強いということで、クッションフロアでも利用することができるとされています。

湿気の多い地域におすすめ

床材というのは、非常に大きく湿気の影響を受けます。水分を吸収してしまうと、床材が膨張してしまうことはもちろんのこと、水分を含むことで傷みやすくなってしまいます。ガラスコーティングでは、湿気に強い性質を持っているので、湿気の多い地域におすすめといえるでしょう。

また、湿気の多い地域以外であっても、戸建て住宅やマンションの1階などは、2階以上の部屋に比べると、湿気がたまりやすい傾向があります。そのため、ガラスコーティングは、このような湿気が溜まりやすい部屋のフローリングのコーティングにも向いています。

さらに、万が一水や飲み物といったものをこぼしてしまっても、水分が吸収されにくく、水拭きもできるためキッチンやダイニングなどの水を多く使用する場所のコーティングにも有効です。

UVカット効果も高いため直射日光があたる場所に最適

ガラスコーティングをすることで、フローリング上にはガラス被膜が形成されます。紫外線の遮断効果が高く、コーティングしていないフローリングに比べると、約40%の紫外線をシャットアウトする効果があります。紫外線に多くさらされてしまうと、フローリングどんどんと劣化していきます。紫外線をカットできるということは、それだけフローリングの寿命を延ばすことが可能なのです。

そのため、ガラスコーティングは日光の良くあたる部屋や、天窓がついている部屋など紫外線によるダメージを受けやすい部屋のフローリングのコーティングに最適です。

無垢材の床を利用する場合に最適

合板にはない風合いと質感を楽しむことができるオークやブラックチェリーなどの無垢材を使っているフローリングにも、ガラスコーティングはおすすめです。無垢材というのは、自然そのままということが魅力の一つであるものの、傷や汚れがつきやすい、そして合板に比べると温度や湿気の影響を大きく受けてしまいます。そのため、汚れなどによって傷みやすく、目立ちやすい、そして場合によっては反りが生じてしまうこともあります。

UVコーティングなどをすると、光沢が強くせっかくの無垢材の特徴を壊してしまう恐れがあるのですが、ガラスコーティングでは光沢の有無を選択することが可能です。そのため、無垢材の良さを壊すことなく、フローリングを守ることができます。

ペットを飼っている環境に最適

ガラスコーティングは、ペットを飼っている場合にもおすすめです。非常に硬質なフロアコーティングであるため、ペットが走り回ったとしても傷跡が残る心配がほとんどありません。そのため、フローリングがきれいな状態を長く継続させることができます。

また、耐薬品性が高く汚れに強いことから、普段の掃除や手入れが非常に簡単です。ペットを飼っていると、どうしてもフローリング上でおしっこなどをされてしまう恐れがあります。おしっこに含まれるアンモニアは、フローリングの床材の劣化を早めたり、変色させたりしてしまう恐れがあります。ガラスコーティングでは、万が一ペットに粗相されてしまったとしても、アンモニアなどからフローリングを守ることができます。さらに、ペットが床をなめても害がないため、安心してペットと暮らす環境を構築することが可能です。飼い主にもペットにも、優しいフロアコーティングといえるでしょう。

ガラスコーティングの特徴

ガラスコーティングの主な特徴や、おすすめの施工条件などについてご紹介します。

寒暖差が大きい地域におすすめ

フローリングに使われている床材によって異なるものの、多かれ少なかれ温度の影響で膨張や収縮が発生します。これらの状態が継続することで、フロアコーティングをしていてもはがれてしまう、もしくは劣化してしまうことがあります。

しかし、ガラスコーティングは数あるフロアコーティングの中で、もっとも硬度があるだけでなく耐久性も高いという特徴があります。フローリングの膨張や収縮に強いため、寒暖差の多い地域であってもコーティングのダメージを受けにくいという特徴があります。

季節による気温の変動が大きな地域だけではなく、寒冷地で夜間・早朝と昼間の気温差が大きい地域でおすすめとなります。また、外気温の寒暖の差だけではなく、冬期に暖房を使用することによって引き起こされる寒暖の差にも有効です。また、膨張や伸縮に強いということで、クッションフロアでも利用することができるとされています。

湿気の多い地域におすすめ

床材というのは、非常に大きく湿気の影響を受けます。水分を吸収してしまうと、床材が膨張してしまうことはもちろんのこと、水分を含むことで傷みやすくなってしまいます。ガラスコーティングでは、湿気に強い性質を持っているので、湿気の多い地域におすすめといえるでしょう。

また、湿気の多い地域以外であっても、戸建て住宅やマンションの1階などは、2階以上の部屋に比べると、湿気がたまりやすい傾向があります。そのため、ガラスコーティングは、このような湿気が溜まりやすい部屋のフローリングのコーティングにも向いています。

さらに、万が一水や飲み物といったものをこぼしてしまっても、水分が吸収されにくく、水拭きもできるためキッチンやダイニングなどの水を多く使用する場所のコーティングにも有効です。

UVカット効果も高いため直射日光があたる場所に最適

ガラスコーティングをすることで、フローリング上にはガラス被膜が形成されます。紫外線の遮断効果が高く、コーティングしていないフローリングに比べると、約40%の紫外線をシャットアウトする効果があります。紫外線に多くさらされてしまうと、フローリングどんどんと劣化していきます。紫外線をカットできるということは、それだけフローリングの寿命を延ばすことが可能なのです。

そのため、ガラスコーティングは日光の良くあたる部屋や、天窓がついている部屋など紫外線によるダメージを受けやすい部屋のフローリングのコーティングに最適です。

無垢材の床を利用する場合に最適

合板にはない風合いと質感を楽しむことができるオークやブラックチェリーなどの無垢材を使っているフローリングにも、ガラスコーティングはおすすめです。無垢材というのは、自然そのままということが魅力の一つであるものの、傷や汚れがつきやすい、そして合板に比べると温度や湿気の影響を大きく受けてしまいます。そのため、汚れなどによって傷みやすく、目立ちやすい、そして場合によっては反りが生じてしまうこともあります。

UVコーティングなどをすると、光沢が強くせっかくの無垢材の特徴を壊してしまう恐れがあるのですが、ガラスコーティングでは光沢の有無を選択することが可能です。そのため、無垢材の良さを壊すことなく、フローリングを守ることができます。

ペットを飼っている環境に最適

ガラスコーティングは、ペットを飼っている場合にもおすすめです。非常に硬質なフロアコーティングであるため、ペットが走り回ったとしても傷跡が残る心配がほとんどありません。そのため、フローリングがきれいな状態を長く継続させることができます。

また、耐薬品性が高く汚れに強いことから、普段の掃除や手入れが非常に簡単です。ペットを飼っていると、どうしてもフローリング上でおしっこなどをされてしまう恐れがあります。おしっこに含まれるアンモニアは、フローリングの床材の劣化を早めたり、変色させたりしてしまう恐れがあります。ガラスコーティングでは、万が一ペットに粗相されてしまったとしても、アンモニアなどからフローリングを守ることができます。さらに、ペットが床をなめても害がないため、安心してペットと暮らす環境を構築することが可能です。飼い主にもペットにも、優しいフロアコーティングといえるでしょう。

ガラスコーティングのメリット・デメリット

最先端の技術を用いた施工法なので費用は高めですが、大きな欠点がないためコストパフォーマンスは高めです。施工期間が長いことを除けば満足度の高い施工法といえそうです。

メリット
  • ・無機化合物を使った原料なので赤ちゃんが舐めても害がない
  • ・鉛筆硬度が8Hと高く傷がつきにくい
  • ・耐水、耐溶剤、耐洗剤性が高い
  • ・クッションフロア、Pタイル、フローリングに施工が可能
  • ・長期的に性能を維持できる
  • ・艶あり、艶なしの選択が可能
  • ・異物の混入率が低いためトラブルが生じにくい
デメリット
  • ・完全硬化までに日数がかかる
  • ・補修後の上塗りができない
  • ・熱に弱い

ガラスコーティングと塩素

ガラスコーティングは塗膜が薄く硬度が高い施工方法で、傷が付きにくい特徴があります。しかし、漂白剤などの塩素系洗剤には弱いという欠点を持つため、キッチンや洗面所など、洗剤を使用する場所にはおすすめできません。万が一、洗剤をこぼしてしまったときは、すぐに拭き取ることが大切。放置しておくと塗膜が溶けてしまうので注意しましょう。

ガラスコーティングのガラスが割れるリスク

ほかのコーティング方法が塗膜の厚さ30~40ミクロンなのに対し、ガラスコーティングは約5ミクロンと、塗膜の薄さが最大の特長です。特殊な稀釈法により弾力もあり、耐屈曲性にも優れています。密着性が高く、薄い塗膜でありながら硬度は7H~9Hと高いため、衝撃によってひび割れを起こすこともありません。

ガラスコーティングを施工した人の口コミ

実際に、ガラスコーティングの施工をした方の声を見てみましょう。施工会社のホームページ等から口コミや体験談を抜粋しました。

いくつかサンプルを比較した結果、自然な光沢が気に入ってお願いしました。仕上がりは想像以上に美しく大変満足しています。

飼い犬がおしっこをしても軽く拭き取るだけで汚れが簡単に取れて助かります。

新築のような仕上がりになり家族みんなでびっくりしました。施工は樹脂ワックスの剥離と乾燥時間で1日かかり、2日目にコーティング作業に入ったので時間はかかりましたが、それでもやってよかったと満足しています。

床の色が気に入っていたのでマットな光沢感のガラスコーティングを選びました。5年経ってもきれいなままです!

今までワックスで手入れしていましたが、水拭きするだけで簡単にお手入れできるようになり楽になりました。もっと早くやれば良かったです。

車いす移動の祖母、2歳、5歳の子どもを含む3世帯住宅を建てることになり、フロアコーティングをお願いしました。思い切ってすべての部屋にお願いしましたが、本当に傷がつかず感激しています。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.