フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

種類2

シリコンコーティング

水や油に強く、耐熱性、耐薬品性などのバランスに優れるシリコンコーティングの特性や価格、施工した方の口コミ・感想をまとめました。

シリコンコーティングの特徴・価格・口コミ

シリコンコーティングは、シリコン樹脂を原料とする塗料を使ったコーティングで、トータル性能に優れています。また、ツヤが少ない自然な風合いなので部屋の雰囲気に左右されにくく、フロアコーティング特有のピカピカ感が苦手という人にも選ばれています。

シリコンコーティングが選ばれる理由

シリコンコーティングはナチュラルな風合いでありながら、部屋を明るく美しく見せてくれるコーティング法です。見た目の美しさだけでなく、床のすべり止めやほこりの舞い上がり防止性能にも定評があるため、見た目と性能の双方にこだわりたい方に広く選ばれています。

1
保障年数:10~20年

耐久年数や保証期間は10年以上と長く、業者によっては20年という長期保証を掲げています。ただし、塗り直しができないため長年同じ家に住むという方には、いずれメンテナンスが必要であることを覚悟しておいた方がよさそうです。メンテナンスを考えるとUVコーティングに軍配があがりますが、仕上がりや風合いにこだわる人はシリコンコーティングを検討するのもありかもしれませんね。

2
シリコンコーティングに向いている人
  • 子ども、お年寄りがいるご家庭

    シリコンコーティングの素材は安全性に優れており、乳幼児がハイハイしたり万が一舐めてしまったりしても心配はありません。滑りにくいため転倒を防ぐ効果もあり、走り回るお子さんや足元がおぼつかないお年寄りがいるご家庭の安全対策として最適です。

  • コストパフォーマンスにこだわる人

    シリコンコーティングはややお値段が張る施工法ですが、耐久性や快適性などの基本性能は十分に備わっており、お値段と品質のバランスに優れています。

  • ペットを飼っている人

    シリコンコーティングはほこりやペットの毛を舞い上がらせにくい性質を持つため、ペットの抜け毛でお悩みの方にはおすすめです。耐久性も十分なため、爪で傷がつくこともなく、食べこぼしやペットの尿が付着した場合も劣化を気にせずに心置きなく掃除ができることでしょう。

  • 自然な雰囲気のお部屋をご希望の人

    シリコンコーティングのフローリングは、お部屋をワントーン明るくしてくれるようなほどよい光沢感を持っています。「テカテカすぎる床は好みじゃないけど、適度に美しい床にしたい」と考える方には最適の施工法といえるでしょう。

3
材質と施工法

シリコン樹脂を用いた施工法。ウレタンコーティングよりも5~10倍の硬い塗膜を形成し、床材を優しく強力に保護します。シリコン樹脂は水の分子よりも小さい分子構造なので、水や油に強く、内部浸透もふせぎます。塗料自体の品質は高いのですが、下地工程が業者により異なるため、職人の腕によって仕上がりが大きく変わります。

4
価格相場

最も高額なUVコーティングに続くのがシリコンコーティングです。材料が高価かつ性能に優れているため費用もそれなりに高く、30㎡ほどで15万円前後が相場です。基本的な性能は高いのでコストパフォーマンスは高め。UVコーティングに比べると耐久年数に劣りますが、仕上がりが異なるので気になる場合は両者のサンプルを取り寄せて検討してみると良いでしょう。

シリコンコーティングの性能

コーティングの仕上がり強度はJIS規格によって12段階に分類されています。強度の段階は柔らかい方からB、HB、F、H、2H~9Hまでありますが、そのうちシリコンコーティングの強度は中間程度~やや固めの「5H」に分類されるものです。

鉛筆硬度試験

これは、ウレタン塗料のコーティング(2~3H)に比べると十分な硬さがあり、UVコーティング(6H)や特殊ガラス、セラミックでのコーティング(8H)に比べれば見劣りする程度。お値段と性能・耐久年数のバランスが良く、十分にコストパフォーマンスを発揮してくれる施工方法といえるでしょう。

シリコンコーティングは滑り防止に定評のあるコーティング法で、なおかつ原材料のシリコンは医療現場でも使用されている安全性の高い素材です。優れた滑り防止性能と安全性を活かし、高齢者施設・幼稚園や保育園などでも多数施工事例があります。

また、シリコンコーティングは撥水性の被膜を有するため、食べ物や飲み物をこぼしてしまってもサッと拭き取るだけでOK。水拭きだけでなくアルコールスプレーも使用できるので、お手入れの際のストレスは最小限で済むコーティング法といえます。

シリコンコーティングのメリット・デメリット

シリコンコーティングは性能のバランスに優れている施工法。お手入れしやすく、アンモニアなどにも強いためペットを飼っている家にも向いていますが、保証年数がUVコーティングの30年前後に比べると短いため、居住年数が短い方に向いていると言えます。

メリット
  • ・水拭きで落とせる汚れがほとんどだから手入れが楽
  • ・日焼けや結露による劣化を防げる
  • ・ほこりやチリを静電気で吸着するためハウスダスト対策も可能
  • ・アンモニアや薬品に強く、ペットのおしっこなどの汚れを簡単に落とせる
  • ・撥水効果が高いため、キッチンや水廻りに適している
  • ・適度なツヤで見ためが美しい
  • ・塗料の粘度が低く塗りやすいため、施工が短時間で済む
デメリット
  • ・完全硬化までに1ヶ月くらいかかる
  • ・シリコンコーティングを扱う業者が少ない
  • ・UVコーティングに比べると保証年数が短い

シリコンフロアコーティングを施工した人の口コミ

実際に、シリコンコーティングの施工をした方の口コミをご紹介します。施工会社のホームページ等から利用者の声を抜粋しました。

建て替えの時にフロアコーティングをお願いしました。思い切って家中コーティングしましたが、何年もピカピカの状態が続いています。特に、洗面所やキッチンの劣化がなく驚いています。

完全に乾くまでに結構時間がかかったので入居中の方には不向きかも。

猫を飼っていてよく毛が抜けるのですが、抜け落ちても舞い上がりがほとんどありません。以前は、猫の毛にストレスを感じていましたが、楽しく暮らせるようになりました。

子供の食べこぼしにイライラしていましたが、布巾でふくだけで床がピカピカになるので掃除がとても楽になりました。

新築時にフロアコーティングを知っていれば入居前に施工してもらったのですが、新居に遊びに来た友人にフロアコーティングを教えてもらい、入居から間もなかったのですが施工をお願いしました。家具を移動しながらの作業でしたが一日で終了しました。滑りにくくなり、スリッパ要らずの生活を楽しんでいます。

ハウスダストやほこりが減ったからか、アレルギー体質でも快適に暮らせるようになりました。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.