フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

種類4

ウレタンコーティング

リーズナブルで初期コートに適しているウレタンコーティング。その特徴や価格相場、施工のメリット・デメリットをまとめました。施工した方の口コミもぜひ参考にしてください。

ウレタンコーティングの特徴・価格・口コミ

ウレタンコーティングは、20年以上前からある施工法で他のコーティングよりも耐久性は劣るものの、低コストで施工できるのが魅力。耐久年数は5年と短く、床材との密着力が弱く剥がれやすいと言われていますが、安全性の高さと手入れのしやすさから初期コートとして選ぶ方も少なくありません。

ウレタンコーティングが選ばれる理由

ウレタンコーティングの人気の理由は、なんといってもその安さでしょう。耐用年数は10年以下とやや短いものの、手頃なコストで導入できるため塗り替えも容易です。水拭きOKで手入れも簡単、気になる匂いの発生も少ないという理由から多く選ばれています。

1
保障年数:5~10年前後

基本的には、数年5年程度の耐久性だと考えておくのが良いですが、ウレタンの濃さによっては10年くらいの耐久性を持つものもあります。ただし、何に対しても強いわけではなく、薬品に対して弱いので除光液や油分の混ざった液体に触れるとダメージを受けることもあります。

2
ウレタンコーティングに向いている人
  • とにかく低コストで施工したい人

    コストの低さはウレタンコーティングの最大のメリットです。数年以内に引っ越してしまう予定の人や、塗り替えの手間が気にならない人にとっては最適のコーティング法といえるでしょう。

  • インテリアにこだわる人

    ウレタンコーティングは仕上がりのツヤ具合にもっともバリエーションが多い施工法です。お好みのインテリアとマッチした理想の質感を持つコーティングを求めている方には、選択肢の多いウレタンコーティングが適しています。

  • 家族が多く、在宅時間が長い人

    ウレタンコーティングは適度な厚みがあり、摩擦に対してそれほどダメージを受けません。多数の家族がスリッパで毎日何度も行き来するような環境でも、それほど劣化は気にならないはずです。

  • 低コストでも安全で匂わないコーティングをお求めの人

    ウレタンコーティングは、他の施工法に比べて圧倒的に手頃な価格でありながら比較的安全性に優れ、匂いも控えめのものが多いコーティング法といえます。

3
材質と施工法

ウレタン樹脂を使ったコーティング法。取り扱う塗料は業者によってさまざまで、水性ウレタンやアクリス+ウレタンなど種類も業者によって微妙に異なります。小さな子どもやペットがいるご家庭では、安全性の高い塗料を採用する業者を選ぶと安心でしょう。ツヤの程度はある程度調整可能なので、ほどほどのツヤを出したい、ツヤを控えめにして落ち着いた部屋にしたいといったオーダーの仕方も可能です。

4
価格相場

塗料の種類により異なりますが、30㎡あたり7~10万円が相場です。補修や塗り直しができるため、コーティングをグレードアップさせることも可能です。

ウレタンコーティングの性能

フローリングのコーティング剤の性能は、その強度によって12段階に分類することができます。強度の段階はB、HB、F、H、2H~9Hで、9Hに近づけば近づくほど強度が高いと考えてください。ウレタンコーティングは、原材料によって水性ウレタンと油性ウレタンの2タイプがありますが、水性ウレタンコーティングでは2H程度、油性ウレタンコーティングでは3H程度です。

鉛筆硬度試験

高い強度を誇るUVコーティング(6H)、ガラスコーティング(8H)などに比べると見劣りしてしまいますが、その分導入コストは非常に手頃な価格に収まるため費用対効果の高さは十分に実感できることでしょう。

ウレタンコーティングは、従来のワックスに比べて10倍程度の厚みがあります。素材の耐久性を高め、厚みを増すことによって通常数ヶ月~1年しかもたないワックスの耐用年数を飛躍的に向上させたものと考えると使用感が想像しやすいかもしれません。また、仕上がりの美観について非常に柔軟性が高く、薬剤の配合によってツヤあり・やわらかい光沢・ツヤなしなど数種類のパターンを選択できるのも大きな特徴です。

ウレタンコーティングのメリット・デメリット

耐久年数は短いものの摩擦に強く、特に擦り傷に強いのが特徴です。ウレタンコーティングはたくさんの種類があるため、施工をする際は会社別にサンプルを取り寄せて比較しておくと安心です。

メリット
  • ・手頃なコストで導入できる
  • ・摩擦や傷に強い
  • ・ツヤをコントロールできる
  • ・中期的なフロアの保護に向いている
  • ・お手入れや掃除がしやすい
  • ・塗り直しが可能
  • ・温もりのあるツヤで自然な仕上がり
デメリット
  • ・安全基準をクリアしていない塗料の可能性がある
  • ・薬品に対して弱い
  • ・密着度が弱くはがれやすい
  • ・完全硬化までに1ヶ月程度かかる

ウレタンコーティングを施工した人の口コミ

実際に、ウレタンコーティングの施工をした方の満足度はどうなのでしょう。施工会社のホームページ等から口コミや体験談を抜粋しました。

2年前にウレタンコーティングをしました。耐久性が心配でしたが今でもピカピカです。日常の掃除はとても楽で水拭きしても問題ありません。

同じマンションに住んでいる人が遊びに来てくれましたが、全然違うと驚いていました。

価格が手頃だったし、あまり光沢が強いのは好きではないのでウレタンコーティングをお願いしました。落ち着いたツヤが気に入っています。

他のコーティングよりも手頃とはいえ失敗したくなかったので業者は数社からサンプルを取寄せて比較しました。ウレタンコーティングと言ってもいろいろあるので、安全面をしっかり説明してくれる業者がおすすめです。

光沢が強すぎず部屋の雰囲気になじんでくれたのでホッとしました。UVコーティングなどに比べると性能は劣りますが数年後に引越しを考えているので、十分こと足りそうです。

居住済みの家のリビングにお願いしました。今までの手入れよりも遥かに楽になり、見た目も高級感が出て満足しています。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.