フロアコーティング大学

フロアコーティング博士になれるサイト

大切な住まいの床を、いつまでも美しく保つためのフロアコーティング完全ガイド。業者からサンプルを取り寄せて、集めた情報をもとにコーティングの種類や施工会社を徹底比較しました。

レッスン2

価格相場を知る

UVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティングの種類別に、施工の価格相場をご紹介します。施工で失敗しないためには、相場よりもかけ離れた価格を提示する業者は避けるようにしましょう。

床コーティングの価格相場を比較!

手入れが楽でしかもピカピカ。メリットいっぱいのフロアコーティングですが、やはり費用が気になる方は多いのでは?施工価格は業者によって異なるのはもちろんのこと、使用する塗料の種類や施工法によっても異なります。また、間取りや施工の手間によっても費用は変動するため、業者のホームページには具体的な料金が書かれていないケースも少なくありません。相場以上の施工費用だと分かり後悔しないためにも、業者選びをする前に、フロアコーティングの相場をしっかり頭に入れておきましょう。

【種類別】フロアコーティングの相場

フロアコーティングにはさまざまな種類がありますが、ここでは代表的なUVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティングの価格とその特徴をご紹介します。

UVコーティング

【特徴】
耐久年数と保護性能が最も高いと言われています。紫外線を照射して瞬時に硬化するため、速乾性に優れているのも特長。上品な光沢とツヤがあり華やか仕上がりで、部屋全体を明るく演出してくれます。施工後、即日生活できるので時間がない方におすすめです。
【耐久年数】
20年以上
【乾くまでの時間】
瞬時に乾く
【価格相場】
70平方メートルあたり20~35万円
【参考価格】
※新築一戸建て(未入居)リビング14畳+キッチン4.5畳の場合
グッドライフ118,000円
FSSコート160,000円
エコプロコート210,000円

シリコンコーティング

【特徴】
除光液などの薬品に強く、硬度が高いためキッチンや洗面所などの水廻りによく利用される施工法。天然のシリコン樹脂を使って保護するため、小さいお子さんやペットが舐めても問題なく、安全性の高さが特徴です。耐久性はやや低くなるものの、耐屈曲性、耐薬品性、耐熱性などトータルバランスに優れています。
【耐久年数】
10~20年
【乾くまでの時間】
3日ほどで乾燥するが、完全硬化は1ヶ月程度
【価格相場】
70平方メートルあたり15~22万円
【参考価格】
※新築一戸建て(未入居)リビング14畳+キッチン4.5畳の場合
グッドライフ89,200円
FSSコート92,000円
ケーマック135,975円

ウレタンコーティング

【特徴】
温もりを感じさせるマットな質感と厚みのある仕上がりが特徴。20年以上前からあるスタンダードな施工法で、水性と油性がありますが最近は安全面から水性コーティングが主流です。アルカリ性洗剤などの薬品に対して少し弱く、種類によっては水拭きに向かないものや完全硬化までに時間を要するもの、安全性の低い塗料が使われる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。
【耐久年数】
3~20年
【乾くまでの時間】
3日ほどで乾燥するが、完全硬化は3ヶ月程度
【価格相場】
70平方メートルあたり15~22万円
【参考価格】
※新築一戸建て(未入居)リビング14畳+キッチン4.5畳の場合
グッドライフ62,150円
FSSコート84,000円

アクリルコーティング

【特徴】

アクリル樹脂を主成分とするコーティングです。フロアコーティングの中では安価ですが、その分耐久性が低く、2~3年おきに再施工する必要があります。よく歩く部分や汚れやすい部分は、特に光沢が失われるのが早くなります。

アクリルコーティングの良いところは、施工時の臭いがないことです。また、光沢はごく自然なレベルのため、UVコーティングなどのテカテカした強い光沢具合があまり好みではない方にも適しているでしょう。

【耐久年数】
2~3年
【乾くまでの時間】
1日から2日。完全硬化には1週間程度を要する場合も。
【価格相場】
75平方メートルあたり約7~9万円
【参考価格】
30㎡あたり約3~5万円

ダイアコーティング

【特徴】

ダイアコーティングは、通常のガラスコーティング剤にセラミックなどの成分を配合することで伸縮性や床との密着性、耐久性を向上させ、床の動きに付いて行きやすくなったコーティングです。

柔軟なので、経年劣化によるひび割れが起こるリスクも低くなります。またガラスコーティング剤よりも液剤の濃度が高いため、耐摩耗性に優れていることも特長です。

フロアコーティングをしてもペットの爪で傷がつかないか心配な方、子どもが多くフローリングの傷みが不安な方などにおススメのコーティングです。

【耐久年数】
20~35年
【乾くまでの時間】
施工当日に歩行可能。2週間で完全硬化。
【価格相場】
75平方メートルあたり約35~50万円
【参考価格】
ミシナコーポレーション 30㎡未満一律 231,000円(35年保証)157,500円(20年保証)

コーティング剤のコスパと特徴

種類 メリット デメリット 1㎡の費用相場
UVコーティング
  • ・6時間~1日で施工完了
  • ・嫌な臭い、有害物質がない
  • ・耐水性、耐久性、
  • 耐薬品性などが高い
  • ・黄変しにくい
  • ・フロアコーティングの中で最もツヤが出る
  • ・人によっては施工後のツヤが強いと感じる場合がある
  • ・強い衝撃によって割れる可能性がある
  • ・費用が高い
5000円前後
シリコンコーティング
  • ・撥水性が高い
  • ・グリップ力が高まり、滑りにくい床になる
  • ・紫外線を反射し吸収するため、施工面の日焼けを予防できる
  • ・施工後の剝離が難しい
3000円前後
ウレタンコーティング
  • ・硬化後の割れが起きにくい
  • ・素材に対する密着性が高く、素人でも扱いやすい
  • ・耐薬品性に優れている
  • ・費用が手ごろ
  • ・耐用年数が短い
  • ・一部の塗料成分に毒性あり
  • ・日が当たる部分に施工すると黄変する可能性がある
  • ・光沢の劣化が早い
  • ・水分を吸収しやすい
  • ・汚れが付きやすい
2000円前後
アクリルコーティング
  • ・剝離や塗り直しがしやすい
  • ・費用が非常に手ごろ
  • ・直塗りでき、施工が簡単
  • ・耐用年数が非常に短い
  • ・耐久性、耐水性など総合的な性能が他のコーティングに劣る
  • ・フロアコーティングの中で硬度が最も低い
1000円前後
ダイアコーティング
  • ・光沢が長期間維持できる
  • ・ツヤがあるが、滑りにくい
  • ・汚れが付きにくい
  • ・2週間で完全硬化
  • ・費用が高い
  • ・重量物や鋭利な
  • ものを落とすと、割れる可能性がある
5000円~7000円前後(保証期間によって異なる)

メリットが多くデメリットの少ない、クオリティの高いフロアコーティングには、やはりそれなりの費用がかかります。

この中で価格が高額なものは、UVコーティングとダイアコーティングですね。

どちらも1㎡あたり5000円以上と安い価格ではありませんが、20年~30年という耐用年数の長さや施工後のお手入れの簡単さ、施工面の美しさなどから総合的に考えると、コスパが高いコーティングと言えるでしょう。

アクリルコーティングは、フロアコーティングというよりはマニキュアのようなものだと考えるべきかもしれません。

硬度は弱く、ワックスよりは若干強いという位置付けです。傷や汚れを防ぐ効果もワックスよりは多少ある、といったところでしょう。

ウレタンコーティングに関しては、費用対効果が低いと考えられています。

シリコンとそれほど価格差はないのに、耐用年数はシリコンよりも大幅に劣るためです。

またウレタンは、コーティング剤に毒性のある物質も含まれているため、薬剤の安全性を重視する方にはあまりおすすめできません。人体に直接悪影響を与える訳ではありませんが、耐用年数のことも含めて考えても、ウレタンよりはシリコンを選んだ方が安心かもしれませんね。

ワックスvsフロアコーティング コスパが高いは!?

いかがでしたか?こうして価格を見ると「フロアコーティングって結構高いな」と思われた方も多いかと思います。特に、最も高額となるUVコーティングは20万~30万円くらいはかかってしまいます。それでも、長い目で見ると断然お得なんです。

フロアコーティングをしない場合、通常はホームセンター等で売られている市販のワックス材で半年に1回のお手入れが必要になります。ワックスは、安いもので500円、高いもので1万円程度しますが基本的にはツヤだしを目的としているため、耐久性はなく塗り直しが必要です。また、水や洗剤、薬品などにも耐性が無いので飲みこぼしや油の飛び散りなどで溶けてしまいます。それに、ワックスを塗ったら乾くまでに1時間ほどかかる為、休日などにまとまった時間を費やすことになります。結構な労力をかける割に、耐久年数は3~5年と短く、その間も日常生活で生じる、家具の引きずりやペットのひっかき傷、食べこぼしなどによって床の損傷は進んでいってしまいます。もちろん、傷ついた床の価値は下がりますし、仮に住まいを売りに出す場合も価値を下げてしまうことになるのです。

その点、フロアコーティングは長いもので30年もの耐久性が期待できます。その間の手入れもワックスとは比べ物にならないほど楽です。フロアコーティングをしておけば、面倒な手入れが済んだり、床が傷つく心配が解決できますし、長い目で見るとやっておく方が得策だということがお分かりいただけますよね?

少しでもお得に施工するには?

フロアコーティングは、同じ施工法でも業者によって費用差が発生します。少しでも出費を抑えたいのなら複数の業者に見積もりを出すのが一番の近道です。また、自宅の床を見てもらったり、同じ素材の床材を送ってどのコーティングが適しているのかをプロの目から判断してもらうのも有益です。コーティング剤の違いや安全面、さらにライフスタイルを考慮した上でしっかりアドバイスをしてくれる業者を選ぶことで、コストパフォーマンスの良い施工が叶うはずです。大切なマイホームの床を安心して任せられる業者を選んでくださいね。

Copyright © フロアコーティング大学, All Right Reserved.